皆様こんにちは!!


先日のブログで少しお話をしましたが、今年の夏休みは友人夫婦のいるオーストラリアへ。

約9時間のフライトにムスメが耐えられるか・・・

イヤ、いつ爆発するかわからない時限爆弾のようなムスメを抱えた9時間に

ワタシが耐えられるか。


でも、全然大丈夫ぐっすり デコメ絵文字ぐっすり デコメ絵文字でした〜♪


空港内をたくさん歩かせて疲れさせましたから(笑)

我ムスメ、靴が大好きなんですがなぜか空港内を裸足で歩き回り・・・

オーストラリアでもほぼ裸足。

オージー(オーストラリア人の愛称)も結構裸足ですけどね。

夕方になるとスーツ姿の人が靴を片手に裸足で歩いていたり・・・

でも、今回は一応オーストラリアは真冬。

ビーチサンダルの方はたくさんいましたがオージーでさえ裸足になっていないのに

ムスメは裸足。

あぁ〜あぐったりパンダ デコメ絵文字でも母はそんなこと気にしません。

怪我をしなさそうな場所ならまぁいいか!と。


でも、砂浜も公園も裸足で遊びたい気持ちとってもよくわかる。

砂はサラサラだし、公園も砂やウッドチップ、芝生がキレイに整備されていて

気持がいい。

砂場遊びをしてもいいよ!といつもはあまり言ってあげれないセリフも言えちゃいます。


ムスメからしたらここがオーストラリアで、何時間も飛行機にのってきたなんて

関係ないですね。

友人のムスメ、6歳のお姉ちゃんと朝からずっと遊べることと、

家事に追われずにずっと一緒に遊んでくれるパパとママがいて大満足だったことでしょう。


そんな楽しいオーストラリア滞在は、レンタカーで移動。

ワタシも運転してみたかったのですが、国際免許にする時間がうまく作れず、

今回はだ〜さんが運転してくれました。


今回オーストラリアの友人にラウンドアバウトだけ注意すれば日本と同じく

左側通行だから大丈夫だよ。

が、ひとつ注意点としてラウンドアバウトだけ気をつけてね!と言われていました。


『 ラウンドアバウト 』ご存知ですか?

ボルボの故郷スウェーデンでもラウンドアバウトは使用されていますので

今日はラウンドアバウトについてお話しようと思います。


交差点の一種で、3本以上の道路を円形のスペースを介して接続したもの。

だそうです。

円形のスペースの周りの環状道路を一方に進行します。

(右側通行の場合は反時計まわり、左側通行の場合は時計まわり)

オーストラリアは左側通行ですので交差点に進入し、時計まわりに進みます。

スウェーデンは右側通行ですので、反時計まわりにまわります。



ちょっと写真が近すぎて見えづらいと思うので画像をご覧ください。

(下記画像は右側通行)

交通システムとしての円形交差点は古代ローマに使われていたそうです。

日本では昭和40年代に病院や学校の玄関前にあったようですね。

言われてみれば、古い病院の玄関前ってまあるくなっているような・・・

気のせい?


オーストラリアのラウンドアバウトは右方優先で、

先にラウンドアバウトを走行してる車がいるときは一時停止をして待ちます。

もちろんいない場合は停止せずにそのまま進入してOKです。

(これは右側通行でも同じシステムです)


ワタシ、つい停止しちゃいそう。

そんなワタシの心を見透かすように、

日本人の友達がこないだ来たときクラクション鳴らされて大変だったらしいよ。

と、友人が言っていました。


だ〜さんはイタリアでラウンドアバウト経験済みでしたので、すんなり運転していました。

おっ!!だ〜さんやりますなわぁーい デコメ絵文字わぁーい デコメ絵文字



ラウンドアバウトって信号待ちがないのでいいですね。

でも、交通量が多いとどうすればいいのか分からなくなりそうで不安。

混雑したラウンドアバウトと言えばフランスの凱旋門下のシャルル・ド・ゴール広場が有名です。

なかなか出れずに何周まわったとか海外旅行の失敗談として話題となりますよね。


今度行く機会があったらワタシもラウンドアバウト体験してみよう♬



皆様もスウェーデンやオーストラリア、ヨーロッパで、レンタカーなどを運転する際は

ラウンドアバウト注意してくださいぱんだ デコメ絵文字









検索フォーム

ショールーム情報

ショールーム

ボルボ・カー 浦和

〒338-0011

埼玉県さいたま市中央区新中里5-3-4

TEL:048-829-8181

FAX:048-829-8185

営業時間:10:00 - 19:00

毎週月曜日定休 ※祝日の場合は営業(翌火曜日が定休となります)